厳しい先生

出産のために、近所の産婦人科に通ってます。
家から車で5分と近く、インターネットの口コミでも「カリスマ先生」などと書かれているし、
以前がん検診でお世話になったときも丁寧で感じがよかったので、
そこに通う事に決めました。

ところが、通い始めてから、先生が非常に厳しいということがわかってきました。
以下、その先生のモットー。

①妊娠検査薬は使ってはいけない
②妊娠線予防クリームは使ってはいけない
③腹帯はつけてはいけない
④お腹部分がリブになっているGパンなどのマタニティ服を身につけてはいけない
⑤毎日朝食・昼食・夕食何を食べたかを日誌に記入して、
 検診のときに提出しなくてはいけない
⑥体重管理は徹底的に。1ヶ月に1Kg以上体重が増えてはいけない
⑦家の中の家事とマーケットへの買い物以外外出してはいけない
⑧赤ちゃんの性別は教えない
・・・

とにかく、体重のことについてうるさいうるさい。
もし基準の体重以上になろうものなら、人間性全否定される勢いで説教されます。
おかげ様で、私の今の体重は、妊娠7ヶ月で妊娠前から2kg増と、奇跡的にスリムな体を保ってます。

初診のときに、「妊娠検査薬で陽性が出たので・・・」と自ら妊娠検査薬の使用を暴露して、そこから先生の風当たりが非常に強い・・・
だって、妊娠検査薬使うななんて言われてないから知らなかったもん(T人T)
明らかにほかの妊婦さんより毎回きつくお説教されてます。
とにかく、戦う妊婦となってしまった私。

ただし、この厳しさのおかげで、出産を終えて退院していくお母さんはみんなすごくスリム。
そして、この厳しさも生まれてくる赤ちゃんのため。
もうしばらく戦って、この戦いに勝ってやるわ!と意味もなく自分を奮い立たせる私であった。

この記事へのコメント